FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあるね 

モンローの方で またなにやらひと騒動起こっているようです。

写真コンテストだとか日記コンテストだとかで
毎回何かしら荒れるんです。

コンテストっていっても 結果的には元々人気票で上位になったんじゃないか?
なんであんな内容で上位になるんだ?とコンテストのシステムに関して
不公平感を抱く者がその心のうちを自分の日記に吐き出す

それ見た該当者が「ボクなんかが入賞しちゃって悪かったみたいですね・・」とぼやく

それ見た女性の取り巻き?が「そんなことないですよ~!」と励ます。

最初の人がなんだか悪者扱いになる

グダグダ

みたいな感じのゴタゴタばっかり。

今回のは コンテストじゃなくて
最近 開設されたグループチャット機能に関してのコト。

それまでは 普通の他のライブチャットと同様に
女性が待機していているところに男性会員がインする2ショットしかなかったんですが
男性でも女性でも一度にみんなでワイワイと会話の出来るチャット機能がついたわけです。

私もチャットは嫌いじゃないので 今度一度参加してみようかなぁ、とは思ってますが
「入室○名」って表示だけで誰と誰がいるのかわからず。
後付けで 自分がお気に入りに登録してる会員の名前だけは表示されるようにはなったものの
それでもなんとなくインしづらい感はあります。

自分が嫌な思いをさせられた男とか、拒否機能にした相手が居たら・・と思うとね。

張り切ってグループチャットにインしてる男の子がいて
その子とその仲間的な男性会員さんたちは
チャットでの様子を自分の日記に書いたりしていますが
そうやってるとどうしても 一部の人たちの間だけで盛り上がってしまい
仲間の輪が出来てしまって、後から入会した人やチャットに慣れていない人たちが
入りづらくて躊躇してしまったり、
あるいは 仕切ってヌシみたいになってる人間がいるみたいに見えたり
その輪が排他的な印象に見えてしまって 気分を悪くする人も出てきます。

で、「グループチャットが出来てからモンローが楽しくなくなってしまった」と
日記に書いて从o`・з´・)pチョームカツクぅって言ってた人の日記を
グループチャットの常連さんたちが読み
「売られたケンカは買うぜ」「誤解しないでほしいんだけど」などと
レスポンスのような日記を書いていて
それでなんだかグダグダしているようなのです。

(たぶん)

私もグループチャットはまだ入ったことがないから
どんな感じなのか知らないので
その常連さんたちの日記を読ませてもらって
ふーんそんな様子なんだ?と情報を仕入れてましたが、

機能が搭載されてからまもなく
チンコ丸出しで「見たいんだろ?見たいんだろ?」と女性会員たちに
嫌がらせしてた男の乱入があったり、
集団エロチャット(乱交?)とかしている人たちがいたらしく、
まったりと会話を楽しみたいと思ってインした人たちが気分憤慨して
ドン引きして退会までしてしまった話なんかもあったそうで、
当初から色々と問題事はあったっぽい。

あと、ボイスも使える?みたいだけど
タイピングチャットがメインみたいなので、
タイピングの速さについていけない人だと
その時点で 気後れしてしまうようです。

原因としては、まずシステム的な問題が先かな?と思う。
多人数のチャットなんだから 部屋がひとつしかないっていうのが問題じゃないかな。

エロい気分の人もいれば 会話楽しみたい人もいるんだし。

タイピングの早い流れについていけない、って点は・・
ひたすら練習するしかないでしょう・・汗
誰だって最初は早くなんか打てなくて 指ポチポチから練習しているはず。

当然私だって 最初は何にも打てなかったし。
自分の場合は昔ワープロ検定受ける為に 専門のところで必死こいて
練習してたから、とか ピアノとかやってたから指がよく動く、なんて流れがありますけど
そうじゃない人だってみんな練習して打てるようになっているのだから
練習さえすればブラインドタッチなんか誰だって出来ます。

キーボードの「F」と「J」のところになんでポッチがあるのか?
そこに左右それぞれ人差し指を置いてみてください。
それがホームポジションで、その位置から
人差し指で打つ範囲、中指で打つ範囲・・と決まっているキーがあって
それを覚えれば、もう後は指が勝手に覚えて動いてくれるようになりますよ!

だから、「早く打てないからチャットが苦手」なんて言う人は
単に練習不足と そこまでしてチャットをしたいと思う気持ちがないだけなのでは?と思うのです。

ゴルフが上手くなりたかったら 打ちっぱなしの練習場に行くでしょ、
野球やテニスだって素振りやら練習するでしょう。
なのでこれは本人の意志の問題じゃない?

あと・・仲間の輪みたいなのが出来ちゃうのは
ある意味仕方ないというか
会話してだんだん気心知れた同士で共通の話題がたくさん出来ていって
盛り上がっちゃうのは仕方ないと思います。

でも 後から入ってきた人にも気を配ることはしないといけない。
荒らしみたいな奴とか空気読めない変な人だったら論外だけど、
チャットに慣れてない人だと どうしても気後れしてしまうし
何の話をしてるのかわからない話題で盛り上がられてると
面白くないに決まってます。

まぁ常連さんたちはそれぞれ「後から来た人や新入りさんにも気を配っているつもり」
なんて日記に書いてますけど
本当にそう出来ているかどうかは・・わからないね。実際まだ私も見てないし。

勝手に「○○の会」とか なんか仲間作っちゃってるのも見てると
出遅れた人は その輪には入りづらいもんです。
日記にも 誰さんが来てどうのこうの、とか名指しで仲良くしてました的な話題を
書き合ってるから、それはちょっとどうなのかな~ってのが私の印象。

例えばオフ会があって、どうしても都合で出席出来なかった人がいるのに
終わった後まで 日記とかで「楽しかったよねー!」っていつまでも
盛り上がってると 行けなかった人、遠方でそういうのには出席出来ない人たちにしてみれば
だんだん「あーはいはい よかったね フン」みたいな 嫌な気持ちになっちゃったりするのと
似ていると思うな。

まぁ、人がたくさん集まる場にトラブルはつきものだけど。。

でもそういうのを繰り返し経験していくことで
学習していくんだよね~。
だから 多少はそういった揉め事みたいなものはあった方が良かったりして。

挨拶も出来ないような人は そういう場所では敬遠されてしまうから、
まずちゃんと挨拶くらいはしなきゃいけないって覚えていくし
こういう時にはこういう言い回ししないと文字では伝わりにくいんだな、ってのも
自然に覚えていくもんだ。

だから、ある意味、いい人生経験の学びの場にもなるんじゃないのかな?

だけど そういうのを全く経験してないまんまで
いきなりライブチャットを利用してるんじゃないか?と思われる男性は
チャットってこういうもんだ、って最低限のマナーとか何にも知らないから
インしても「こんにちは」も言えない人がかなり多いんですよ。

「こんばんは~初めまして」って言っても
「うん」「はい」なんて切り返してきたり。
酷いとそれすらもなくて、「ねぇ、おっぱい見せてよ」だもんね

その前に せめて挨拶くらいはしようよねって言ってやりたくなる気持ちで
やっぱムカつくわさ。

しかし ホントにアホなおっさんがいてさ、
挨拶さえすればいいと思ってるらしく
「こんにちは~^^ おっぱい見せて?」って言うやつも・・


自分の思うような対応を相手にしてもらえなかったら
ご機嫌損ねて 無言落ちとかも 立派なマナー違反だけど、
「こんにちは」が言えるのに落ちる時に「じゃあまたね」「さようなら」が
言えない件について小一時間説教したい衝動に駆られてしまう

まるで 自分の気に入るような結果にならないと リセットボタンで
ゲームをリセットするような感覚よね。

相手は機械やゲームじゃないのよ、生身の人間なのよ。

インしたパフォと どうも会話がかみ合わない、相性が合わなそうだ、と思ったら
そりゃ落ちるしかないけど、
嘘でもいいから「あ、電話かかってきちゃったからごめんなさいね、落ちるね」とか
「家族に呼ばれちゃったから落ちるよ、また来るね」とか
いい大人なんだから もうちょいスマートな落ち方は出来ないものだろうか?

ああいうグループチャットとか 無料のチャットとかで
不特定多数の中でチャットしていて そんな態度したら、
全員から「なんだあいつ?」って変な目で見られて嫌われるの必至だよ。

昔ルーピットってアバターチャットがあって、
そこで最初のネット仲間が出来たんだけど、
みんなでひとつのルームにいて みんながどんな話するのかな?って
見ていたいだけの時とか 
話の流れを見ていたいけど ちょっと別の作業をしたい時なんかには
誰かに話しかけられても気づけなくなって 相手に無視したと誤解されるのを防ぐために
「今からちょっとROMるね」って一言みんなにことわってからやったもんだ。

戻った時には「ただいま~」とかいって みんなが「おかえり~^^」なんて
言ってくれて また話に混じったりして。
そんな感じでお互いに 気を配る事はきちんとしていたけどね。

新入りさんが来た時には 分け隔てなく対応していたし、
先にそのチャットの使い勝手がわかってる先輩が
「こういう時にはこうするもんなんだよ」って教えてあげて
老若男女みんな仲良くしていたわ。

それぞれ年齢も地域も 生活事情もバラバラな同士なのに
楽しく出来ていたのは お互いに気を配り合ってたから。

テレホタイムがあったあの頃が懐かしいわw



そんないろいろな事を考えていると
問題事が起これば、ああでもないこうでもない、と討論して
それぞれが意見を述べ合って解決しようとしたり、
悩み事抱えている人に対して親身に助言してあげる人がいたりして、
人間同士の心の交流を多かれ少なかれ持つ気持ちのある人たちもいるので
その分 まだ見てて気持ちが救われる・・かな?という感じ。

ああ、ルーピットとかやってた あの頃の私を見ているようだ、
みたいな感じかな。

相手の心情とか全部無視して 自己欲だけ押し付けてくるライブチャットの
一方的な悪質客と比べれば
いくらモンローが「えっちな性生活暴露コミュニケーション」であっても
別に年がら年中エッチな話ばかりしてる人なんかそう多くないし
男性たちが 意外と 人と人のつながりを大事にしている人も
中にはいる、ということがまだ救いがある、っていう意味で。

関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukiusagi5129.blog51.fc2.com/tb.php/161-2942ebb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。